ステンレスのシンクを掃除する方法や洗剤は?水垢やくすみ対策も!

スポンサーリンク
【家事・育児】ワーママのラクで楽しくするコツ

 

キッチンのステンレス製のシンクは、
すぐ汚れてしまいますよね。

 

料理を作る場所なので、
常にキレイを保っていたい半面、
時間がない中で料理を作って、
そのあとにキレイにすることまで、
手が回らないときもありますね。

 

また、くすんでくると、
力強くこすっても、なかなか取れません。

「キレイにするには、時間がかかりそうだな」
と直感的に思い、残念な気持ちになります。

 

我が家は、
ダイニングからシンクがよく見えるということもあり、
来客時など焦ることがあります。

毎日、キッチンに立って見ていると
くすみや汚れも目が慣れてしまい、
そんなに汚れていない気がするのですね。

しかし、台所からではなく、
ダイニングから客観的に見てみると…
「え?こんなに汚れているの!?」
と気づいたことがあります。

 

そんな時には、
掃除道具として用意するものや、手順を把握しておき、
また、余裕のある時には
水垢やくすみの予防処置もしておくと

キレイをキープすることができます。

 

スポンサーリンク

シンクのよごれを取る

① 事前準備

 

ステンレスの掃除をする前に、
手を荒らさないように
厚手のゴム手袋を付けましょう

手袋が外れないように、
輪ゴムか、すそ止めのゴムバンドを付けるとよいでしょう。

 

② 準備するもの

・ステンレス専用のシンクみがき
・たわしやスポンジ
・クレンザー
(研磨剤が入っているので、こびり付いた表面の汚れを落とします)

 

溶剤を使う時に注意することは、
・商品の注意事項を事前によく読む
・部屋の換気
・溶剤同士が混ざらないようにする
細心の注意を払いながら行って下さい。

換気については、
暑い時期・寒い時期は、
あまり窓を開けませんよね。

そのような場合は、しっかり換気扇をつけ、
手早く行いましょう。

念入りに行う場合は、
窓を開けやすい時期にするとより安全でしょう。

③ 手順

ステンレス製のシンクが段々汚れてくると
一体どこから掃除し始めればいいのか、
わからなくなる時があります。

 

掃除の手順を踏めば、
ステンレス製シンクの掃除を効率よく行える上に
綺麗に仕上がりますよ。

 

<手順>

1. シンク周りにある食器類などをどかす

2. ゴム手袋をはめる、ゴムも忘れずに

3. 全体にクレンザーをふりかけ、たわしやスポンジでこすり洗いする

シンクの排水口の蓋とゴミ受けも忘れずに

4. 水で洗い流す

 

<ポイント>

体を動かずに、手先だけで、
ちゃっちゃっと済まそうとすると
食器などをどかす手間を省きがきです。

ですが、
・隅々までキレイに掃除するため
端までキレイにしていないと、
掃除の後で「もう少しやっておけばよかった」
「また掃除しなければならない」
と汚れがプレッシャーを与えてくることがあります。

・食器など周囲の物に洗剤がつかないため
 溶剤が食器に付くと、口に入りかねません。

準備には、ひと手間をかけることを
惜しまないようにしましょう。

 

ステンレス製のシンクはクレンザーを使い、
たわしやスポンジでこすり洗いすることで、
シンクにこびりついていた食べ物のカスや油汚れ
時間が経って発生したぬめりや赤カビがここで綺麗に洗い落とせます。

 

赤カビなどが発生している場合は、
別に漂白剤などを用いて
殺菌・除菌すると、シンクを清潔に保てます。

 

掃除の最後には、
蛇口などはからぶきをすることでピカピカになって
「掃除をしてよかった」と
気持ちがスッキリします。

このピカピカは、しばらく続きますので、
「このままキレイにしておこうという」
という気持ちにさせてくれますね。

 

スポンサーリンク

水垢やくすみの予防

① 原因は?

ステンレス製のシンクは、
どうしても水垢が原因でくすんでしまいます。

 

たわしでこすっただけでは落ちませんが
これからご紹介する方法で簡単に落とすことができます。

 

水垢とくすみは、実は同じものです。

くすみは、
ステンレスの表面に付着した水垢が原因で、
ステンレス表面全体を覆い、
くもったように見えるのです

 

水垢ができる原因とは、
水の中に含まれるミネラル成分が原因です。

 

水がついた場所で水が蒸発する過程で、
ミネラルだけがそこに残った結果、
白い点の様な水垢ができます。

そして、ステンレス表面がくすんでいくのです。

 

② 準備するもの

・クエン酸(お酢で代用可能)
・水
・ビーカー or ビーカーの代わりになるもの(食品の空き容器など)
・ラップ or キッチンペーパー
・スポンジ
・ステンレス専用のコーティング剤

 

③ 手順
  1. クエン酸(お酢)と水をビーカーなどの容器に入れ、
    クエン酸水を作る
  2. スプレー式のボトルに入れる
  3. 水垢があるステンレスの部分にクエン酸水を塗布する
  4. その上からラップまたはキッチンペーパーを
    ぐるぐる巻き、30分放置する
  5. 30分経ったらラップまたはキッチンペーパーを外し、
    スポンジなどでこする
  6. ステンレスに水をかけて洗い流したら完了

 

④ 仕上げ

水垢ができないように、
さらにくすまないようにするには、

上記の水垢掃除をした後に、
ステンレスの表面にコーティングをしておくと予防できます。

コーティングには、
市販で売っているセットになっている商品を使うと便利です。

日常の掃除の手間が減りますので、
気になる方は活用してみて下さい。

 

まとめ

 

ステンレスの掃除はどうやればよいのか
ご紹介しました。

毎日のキレイのためには、
定期的な予防も大切ですね。

シンクが汚いと料理が億劫に感じるように、
逆にキレイなシンクだと、
料理をするのも楽しくなりますね。

 

手順を覚えてしまうと、
習慣化し、キレイをキープできるので
ぜひお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました