子供を怒ってばかりと悩んでいるママなら大丈夫!怒らないで子育てをするコツとは?

スポンサーリンク
【家事・育児】ワーママのラクで楽しくするコツ

 

子供を寝かしてから一日を振り返って、
「今日も怒ってしまった。」
「あんなに怒らなくてもよかったのに。」
自分を責めることはありませんか?

 

「明日は絶対怒らない」と思っていても、
上手く行かない毎日に
落ち込んでしまうことがあると思います。

 

でも、「今日も怒ってしまった」と
思い悩んでいるママなら大丈夫です

 

落ち込んでしまうのは、
子供が可愛いくて大切な存在だから。

 

最近は「褒める子育て」とか
「怒らない子育て」という言葉も耳にしますが、
「怒る」ことは大切なことでもあります。

 

今回は思い悩んでいるママに向けて、
「怒らない子育て」のコツをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

「怒る」ことは大切なこと

怒るとは、
子供に危険を教える方法の一つであり、
大事なことは必要以上に怒らないこと。

 

子供が危ないことをしたとき、
約束を守らないとき、
話を聞いていないとき
多くの親は叱ったりするでしょう。

 

「叱る」と「怒る」では少しニュアンスが違います。

 

叱っているとき、
親は比較的冷静に子供と向き合えているので
考えながら言葉にしていることが多いです。

でも、
怒っているときは感情的になってしまうことが多いです。

「怒り」の感情のまま、
言葉を荒げてしまったり、大きな音を出してしまったり、
子供に恐怖心を与えてしまうこともあるでしょう。

だから後で冷静になったとき、
「怒ってしまった」と落ち込んでしまうんですよね。

 

でも「怒る」こと自体は、
子供に「危険なこと」を教える大切な手段でもあります

 

どんなことをすると自分が危険で、
どんなことをすると他人を危険にしてしまうかは
しっかりと「怒る」ことで子供に伝わります。

 

特に、
まだ言葉が理解できない小さな子供には
「ママが怖い顔をしている」
「大きな声をだしている」のように、
普段と違う様子を見せることで
「やってはいけないこと」だと感じるのです。

 

もちろん子供を叩いたり、
子供を否定するような言葉はよくありません。

 

叩いたり、傷つく言葉を言わなくても
「怒り」は伝えられますよね。

 

スポンサーリンク

感情的に「怒らない」コツとは?

「感情的に怒ってはいけない」と分かっていても、
子育ては本当に大変で気持ちが煮詰まってくることもありますよね。

 

私自身、何度
「怒ってしまった…」と反省したか分かりません。

 

一度イライラしてしまうと、
「怒り」の感情がとまらなくなってしまうんですよね。

 

ママだって人間なので、
怒りを感じたら感情的になってしまうし、
「怒らないようにしよう」と我慢していると
自分に負担となってしまいます。

 

「怒り」を感じても、
怒りの感情をコントロールできるようになればよいのです

感情的に子供を傷つけることを防げるようになるの、
感情的にならないコツを次に紹介していきます。

 

ゆっくりと深呼吸をする

怒りのピークは6秒と言われています。

「怒り」を感じて
すぐに行動に移してしまうと感情的に怒ってしまうので、
子供が何かしてしまったら、
「ふー」っと深呼吸してみてください。

 

遠い場所に行く

私は「怒り」を落ち着かせるために
「トイレ」にいくようにしていました。

子供を追い出したくなるような
感情になってしまったとき、
子供ではなく自分が1人になれる空間に逃げて、
落ち着くように
していました。

自分の感情をコントロールできる術があると冷静になれます

 

イライラする原因を考えてみる

子供は小さくて弱い立場なので、
子供に原因がなくても怒ってしまうこともあります。

日々の疲れを子供にぶつけてしまっているのです。

このような場合、
子供が何もしていなくても怒ってしまうのです。

原因は夫にあるかもしれませんし、
仕事や、全く違う他の問題かもしれません。

たいした理由もなく「怒っている」ことに気が付いたら、
何が原因なのかを考えてみてください

 

簡単に解決することだけではないかもしれませんが
「怒ってばかり」と悩むのは
子供が大切な存在だからですよね。

 

イライラする原因が解決すれば、
怒ってばかりではなくなるでしょう。

 

・子供に謝ることも大切

感情的に怒ってしまった後に、
「言い過ぎてしまった」
「怖がらせてしまった」と反省したのなら、
子供にその気持ちを伝えましょう

 

時間が経つことで、
冷静に伝えることができると思います。

「昨日は怒ってごめんね。
ママはこうしてほしいと思ったんだ。」
と理由も冷静に話せます。

 

そして、
一度怒ったことを子供が改善できていたら、
しっかり認めて、褒めてあげましょう。

 

改善したのに気が付いてもらえなかったら
子供も悲しいですからね。

「怒ってばかりじゃなくて、
ちゃんと自分のことを見てくれているのだな」
と親の愛情として伝わります。

 

まとめ

子供を「怒る」ことは悪いことではありません。

「怒ってばかり」と悩んでしまうのは
子供を大切に思っているからこそです。

ただ、
「怒りすぎていないか?」
「感情的になっていないか?」
思い返してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました