子育てにかかるお金が心配…お金の不安をなくすためにできることとは?

スポンサーリンク
新社会人 貯金 口座 【家事・育児】ワーママのラクで楽しくするコツ

 

「早く結婚して子供を持ちたい」

2人は欲しい」

3人がいい」など、将来のことを

色々と考えることもあるでしょう。

 

子供は何人生まれても嬉しいものですが、現実的に考えると不安になるのがお金の問題です。

 

ある調査によると中学校卒業までにかかる平均費用は、

将来の貯蓄も含めると約1500万円。

 

あくまでも平均値なので、幼稚園、小学校、中学校とすべて私立のケースも含まれた数値ですが、

 

このような情報を目にすると子供を持つことや、二人目、三人目を持つことが

不安になってしまいますよね。

 

でも実際に子育てをしているパパやママに、どんなことを不安に感じているか聞いてみると、一番は「お金の不安」なのです。

 

そこで多くのパパやママが不安に感じているお金の不安をなくすためにできることを

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

早めの準備が大切、結婚・妊娠・出産のタイミングで子供にかかるお金のことを考えよう

子供にかかるお金の負担が大きくなるのは、教育資金の負担が大きくなってからです。

 

子供が小さいうちは、子供が何人いても家計への負担は夫婦二人のときと比べるとそれほど変わりません。

 

もちろん洋服やオモチャを必要以上に購入したり、乳児期から習い事をさせたりする場合は別ですが、子供が小さいうちはお金を貯めるチャンスなのです。

 

現在、国や自治体から支給される公的支援は中学生以下のものがほとんどです。

具体的にご紹介しますね。

 

児童手当

0歳~3歳未満  15000円

3歳~小学校終了まで 第1子・第2子 10000円

第3子以降 15000円

中学生      10000円

 

所得制限があるので限度額以上の所得がある場合は一律5000円となりますが、

中学を卒業するまで毎月上記の支給を受けられるのです。

 

子ども医療費助成

子供の医療費負担を軽減するための制度ですが、各自治体によって対象年齢や助成内容、

所得制限の有無などに違いがあります。

 

東京都の場合は義務教育就学前までの乳幼児は、保険適用となる治療、薬にかかる費用は

無料になります。

 

さらに6歳から15歳までは医療費や薬剤費を助成してもらえます。

 

「子ども医療費助成」制度は住んでいる地域によって違いますので確認してみてください。

 

幼児教育・保育の無償化

2019年10月より開始された制度です。

 

幼稚園、保育園、こども園など、利用する施設や対象年齢、所得によって上限があったり

支給額に違いがありますが、今まで保育料がかかっていたことを考えると

子供にかかる費用はかなり援助されています。

 

このように子供が小さいうちは、公的支援が多くあり親の負担は少ないのです。

中学や高校、大学になると、塾や学費などの教育費だけでなく、食費やお小遣い、通信費などの負担も大きくなっていきます。

 

結婚や妊娠、出産と将来子供を持つことを考えたときから、生活費の一部を貯蓄しておけば

子供にかかる費用が増えた時にも安心できるでしょう。

 

児童手当を将来のために貯蓄するだけでも、約200万円になります。

 

子供が小さいうちから計画的に貯蓄を心がけるだけでもまとまった金額になるので

早めに計画的に貯蓄を始めると不安が少なくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

お金の心配をすくなくするためにできること

今は共働きの世帯が増えていますが、共働きの夫婦の多くが妻の妊娠、出産によって収入が下がることを不安に感じているようです。

 

出産後もすぐに社会復帰をしようと思っていても、

子供の都合によって仕事を休まなくてはならなかったり、思うように働けなかったりと

仕事をあきらめてしまうケースも多くあります。

 

私は結婚当初から子供が生まれたら専業主婦になりたいと思っていました。

 

なので結婚した当初から夫の収入だけで生活できるようにこころがけていましたが、

出産後も働こうと考えていたのに、思うような収入がなくなってしまったら不安になりますよね。

 

出産後に収入にどのような変化がでるのかはわかりません。

 

結婚して子供を持つことを考えたとき、家計のことを一度夫婦で考えてみてください。

 

お金に対する考え方はそれぞれの家庭で違うと思いますが、お金の使い方は変えることができます。

 

収入を増やすことは、簡単なことではないのでお金の使いかたを考えていきましょう。

 

家賃やローンなどの固定費は大きく影響するので、結婚や出産をきっかけに見直してみるといいと思います。

 

子供が生まれてからは、習い事や教育にお金をかけたいと思うかもしれませんが、習い事も毎月かかる固定費です。

 

月いくらだと、あまり影響がなさそうですが、年間で考えると結構な出費になっていることもあります。

 

世帯収入から習い事にかけられる金額をしっかり計算して選ぶ必要があるでしょう。

 

まずは、世帯収入から子供にかけられるお金はいくらまでなのかを把握しておくことが大切です。

 

貯蓄が苦手な方には、子供が生まれた時に「こどもの通帳」をつくることもおすすめです。

 

私自身、子供が生まれたときに「こども用の通帳」をつくりました。

 

支給される児童手当は子供のための通帳に移し、子供がもらうお年玉や出産祝い、入園祝いなどは全て「こどもの通帳」に貯蓄しています。

 

これなら世帯収入とは関係ない収入になるので、無理なく貯めていくことができるので

おすすめの方法ですよ。

 

まとめ

子育てをしていく中でお金の不安は大きいですが、

 

子供が小さいうちは公的支援も多く、お金を貯めやすい時期です。

 

子育てにかかるお金の不安を少なくするには、早い段階から計画的に貯蓄を考えることが

大切になります。

 

子供が成長したときに無理なく生活できるように、固定費の見直しや支出を減らす工夫からはじめてみてください。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました