家事ができないストレスを解消する3つの方法!

スポンサーリンク
ネットスーパーが時短になる 【家事・育児】ワーママのラクで楽しくするコツ

 

ワーママって忙しいですよね。仕事が終わったら、次の仕事が始まるともいえます。子供がいたら育児も加わり、「あれ?ダブルワークどころか、トリプルワークになってやしませんか…?」と思う時がります。そうすると家事がおろそかになることが多くあります。習い事の送り迎えがある日は、特にそうなります。

そんな忙しい日も、イライラせずに終わらせられるようなコツをご紹介します。

スポンサーリンク

強い味方は、高性能なお掃除ロボ!

おそうじロボが役立つ

ほんのひと昔前は、古いタオルを手で縫って、ぞうきんを作りました。そのぞうきんをバケツに入れ、手で絞って床拭きをしたものです。この作業をするのに、ものすごく時間と労力がかかっているとは思いませんか?

今では、自分で縫わなくても、百円均一などのお店でぞうきんは買えます。でも、その買ってきたぞうきんで床掃除をしていたら、あまり時間の節約にはならないのでは無いでしょうか?

そこで、逆転の発想です。最初の初期投資はかかりますが、高性能のお掃除ロボを買います。それぞれのご家庭の使用頻度によりますが、私は、3〜5年間も使えば、もとをとる事ができると考えて、初期投資をしました。

結果的に、私の場合は7年くらい使う事ができて、大満足です。

買い物に行く時とか、ちょっと出かける前に、リビングテーブルの椅子をテーブルの上にあげておきます。後は、充電しておいたお掃除ロボに床掃除を任せて、お出かけをするだけです。

帰宅する頃には、家中ピカピカに掃除をしてくれています。段差のあるお家の間取りの場合は、ドアや付属の機械で空間を区切って掃除してもらうと、楽です。

床掃除の他に、水拭きの全自動のお掃除ロボもあります。こちらも使うと、フローリングの場合は、よりピカピカになります。

カーペットの床の場合は、水拭きの必要はありません。

スポンサーリンク

強い味方はネットスーパー!

ネットスーパーが時短になる

次に簡単に分担できるのは、買い出しです。自分の時間を節約するために、食材をまとめて買いに行くのはもちろんいいと思います。しかし、ネットスーパーに買い出しを分担してもらえる場合、より自分の時間を確保できます。

まず冷蔵庫の中身をチェックします。食材の状態や冷蔵庫の中にあるものをおおざっぱで良いので、把握します。次に携帯のメモ機能を使って、必要な食材をメモしておきます。

ほとんどのご家庭が、毎週買う野菜や魚、肉類などが決まっているかと思います。メモを取る必要もない方は、この工程を飛ばします。

そして、コンピューターか、携帯電話で、ネットスーパーを探します。普段自分がよく行くスーパーがネットスーパーも経営している場合もあります。この場合は、品質がわかるので安心です。

メモしておいた食材を一気に買います。送料が無料になる量だけ買えれば一番良いですが、ご家庭の人数などで、そこまで買う必要がない場合は、無理をせず、送料を払ってもいいと思います。

送料を払ったとしてもネットスーパーで買う事で、ポイントがついたりします。また、自分の時間を大幅に節約しているので、そもそもいいことづくめです。

私は、たまに自分の地域では買えない野菜を扱ってるネットスーパーを利用して、普段食べられない野菜や、肉類などにも挑戦します。

些細なことですが、こういう風にネットスーパーを楽しめば、家族も好意的に見てくれて、隙間時間で探す買い物が楽しいです。

ネットスーパー特有の特売日やポイントがたくさんつく日などに合わせて買うと、お金も節約できて、良いことづくめです。

重い食材も家まで届けてくれるので、気兼ねなく、たくさんの量をオーダーする事ができて、結果的にはとてもお得です。

強い味方は家族の協力!

家族みんなで家事

家族は、どのくらい家事を分担してくれますか?

主婦だって、病気になったり、お友達と旅行に出かけることもあるのです。普段から家族に協力をしてもらい、家事に慣れておいてもらう必要があります。

私は小さい時から家事協力をしてきました。両親が共稼ぎで忙しかったのもありますが、私も習い事や宿題で忙しかったです。それでも、家族の一員として、小学生の頃から家事を手伝っていた記憶があります。

小学生の私でも、おつかいや、ご飯を炊く、洗濯機を回すなどの家事を担当していました。高校生の頃には、食材を買い、晩ご飯を全面的に担当していました。

父もゴミ出しを担当したり、トイレットペーパーやかさばる食材を車で買ってきたり、休みの日にはお昼ご飯を作ってくれたりと、父ができる家事を担当していたので、それが普通だと思っていました。

もし、あなたの家族がまだ家事を分担してくれていない場合は、今すぐに頼みましょう!案外、真剣に話し合えば、分かり合えるものです。

簡単なゴミ出しや、足りない食材をコンビニで買ってくるなど、気軽にできる事はたくさんあるのではないでしょうか?全自動の洗濯機は、小学生でも教えれば、ちゃんとつかいこなす事ができます。

そうやって、すこしづつ家族にも家事を分担してもらい、それがそのご家庭の当たり前になると、とても良いです。家のことをできる家族は、何事も協力体制が出来ていて、何か急なできごとが起きても、すぐに対応してもらえやすいです。

家事を分担する3つの方法・まとめ

今回は、家事を分担する3つの方法について、お話ししました。

夕方から夜にかけては特に、夕食の準備に、習い事の送りに、迎えに、お風呂に、宿題や明日の準備を促し、保育園・学校からのお知らせの確認や準備、寝かしつけ…3時間くらいの間にすべてを終わらせたいですよね。

まずは、お掃除ロボ、ネットスーパーを上手く利用して、最強の見方である家族の協力を得て、家事を分担しましょう。技術が発達した時代になってきました。選べる選択肢はどんどん取り入れて、日々の家事ストレスを軽くしましょう。そして、家事分担をとおして家族の絆を深める事ができると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました